筋トレをする人に知っておいて欲しいステロイドの危険性

ドーピング物質として、アスリートの使用が禁止されているステロイドだが、近年ではインターネットを通してステロイドを購入できるようになっていることから、アスリート以外の一般人によるステロイドの利用が問題になっている。ステロイドの危険性と現状について解説していく。


ステロイドという言葉をきいたことがあるだろうか。
筋肉の合成を促す物質として知られ、現在ではドーピング物質として、アスリートの使用は禁止されている。しかし近年では、インターネットを通してステロイドを購入できるようになっており、アスリート以外の一般人によるステロイドの利用が問題になっている。
今回は、筋トレをする人に必ず知っておいて欲しいステロイドの危険性と現状について解説していこう。

ステロイドとは

ステロイドというと、副腎からつくられる副腎皮質ホルモンの一種で、皮膚の炎症などを抑えるのに使われるものがあるが、それは今回取り上げているステロイドとは別物だ。

ドーピングに使われる筋力増強を目的としたものは、アナボリックステロイドと言われ、男性ホルモンの1つであるテストステロンの同位体である合成物質のことをさす。男性ホルモンとして働き、筋肉中のタンパク質の合成を促す同化作用を持つため、開発された当初は筋肉増強材として広く使われるようになった。

通常、筋肉を鍛える際には、運動を行って筋肉を破壊し、それに合わせてタンパク質を摂取することで筋肥大を促すわけだが、アナボリックステロイドを使うと、通常とは比べ物にならない速度で筋肉内のタンパク質合成が進み、結果的に通常の数倍の筋肉がつく。

誤解を恐れずにいえば、「筋肉をつける」というただそれだけを目的にするのであれば、確かにステロイドに効果があるのは広く認められていることで、これが多くのアスリートをドーピングへ誘うこととなってきた理由でもある。1988年のソウルオリンピックで陸上100Mの世界記録を出したベンジョンソンがステロイドを使ったドーピングを行なっていたことを記憶している人もいるのではないだろうか。

しかし、ステロイドの副作用は非常に強く、場合によっては命の危険もある。簡単に手に入る筋肉の代償は決して小さくはない。

想像以上の副作用

ステロイドはドーピング物質の中でもさまざまな副作用を持つ物質として知られており、一般的には血圧やコレステロール値、血糖値などが上昇するほか、多毛症や心筋梗塞などを引き起こすリスクも伴う。他にも、生殖機能の低下や、男性ホルモンの増加に伴い、女性ホルモンが増加することで、胸が乳房化するなどの副作用もあげられている。

副作用は身体だけに限った話ではない。ホルモンの分泌バランスが崩れることで、倦怠感やうつ病のような精神状態になったり、イライラが続いて攻撃的になるなど、精神的にも影響が出ることが分かっているのだ。

また、肝臓に障害が出るケースも報告されているなど、ステロイドの副作用は心身の両面で、全身に及ぶのである。

厚生労働省が調査に乗り出す

このように様々な副作用のあるアナボリックステロイドだが、近年はアスリートやボディビルダーだけでなく一般人の間で、その使用やそれに伴う健康被害が増えている。

厚生労働省はこのような状況を鑑みて、アナボリックステロイドの利用実態の調査を開始した。

筋肉の増強目的で使われている「アナボリックステロイド」による健康被害が相次いでいるとして、厚生労働省が利用実態の調査を始めたことが5日、分かった。インターネットで購入されることが多く、重い肝機能障害になったとの報告もある。深刻な影響が確認されれば、輸入を規制する方針。
共同通信(https://this.kiji.is/542162623346230369)
このような調査が始まった背景には、文中にもある通りインターネットを通して、一般の利用者がステロイドが含まれるサプリや筋肉増強剤を手に入れやすい状況になっていることがあげられるだろう。

さらに加えていえば、筋肉増強サプリとして販売されているものにステロイドが含まれており、自覚せずにステロイドを摂取していたというケースもある。特に海外の製品には、高い筋肉増強効果を謳って、ステロイドなどの物質が含まれていることがある。
筋肉をつけるには、あくまでも筋肉への負荷とタンパク質の摂取が基本になる。インターネットでサプリ等を購入する際には、その成分に一段と注意を払い購入するようにしよう。

まとめ

いかがだっただろうか。今回は、ステロイドの副作用をはじめとする危険に関して解説してきた。筋肉をつけたいという気持ちは、筋トレをしていれば、誰でも持つものだ。しかし、ステロイドをはじめとするドーピング物質に手を出すと、短期的に効果を得たとしても、長い目で見れば健康を損ない、筋トレを続けることにも支障が出かねない。
筋トレサプリ等を利用する際には、くれぐれも成分には気をつけて利用するようにしたい。
RIZAP WOMAN
RIZAP WOMAN