朝にジムにいくという習慣がいいらしい

朝を制するものは一日を制する。日々忙しく働くビジネスマンにとって体作りが大切なことは言うまでもない。しかし時間はない、そんなあなたに朝にジムにいくことをおすすめする。


Appleの元CEOスティーブ・ジョブズ氏やスターバックス・コーヒーCEOハワード・シュルツ氏に代表する海外のエグゼクティブは朝早起きをしてワークアウトをしたり読書をしたりしているという世界で活躍するビジネスマンたちに見られる共通点の一つと言えるだろう。
なぜ一流の人達は朝にこだわるのかだろうか。
筋肉を形作る効果があると考えられているテストステロンというホルモンは午前中のほう日中よりも30%近く高いと言われている。これだけでも朝に取り組む理由として十分だろう。自律神経も朝のほうが整っていると言われており、自律神経のバランスから考えても朝はよい時間帯だ。朝から運動をすることで、基礎代謝は10%もアップするという研究結果も出ている。

朝ジムがオススメな5つの理由

1.代謝を高める効果がある

2.継続がしやすい

日々忙しく働くビジネスマンにとって朝ジムは継続のためにもよい選択肢だ。なぜなら、夜にワークアウトをしようと計画をしていても予期せぬ予定が舞い込んでくるのが常だからだ。それに比べて朝は何もあなたの予定を邪魔するものはない。朝であれば、仕事が伸びて帰宅するのが遅れるリスクや疲れでやる気が起きないといった阻害要因は起こり得ないのだ。

3.心と身体の健康を促進する効果がある

海外の言葉に
Engaging in morning workouts is your all-natural cup of coffee. Wake up your body and prepare your mind.
https://makeyourbodywork.com/benefits-of-morning-exercise/
というのがある。朝のジムでのワークアウトは一日の集中力を高める効果があると言われている。ある研究結果によると、一杯のコーヒーよりも短時間の運動の方が認知能力を促進する上では効果的であると明らかにされているのだ。ジムでの運動は勿論あなたの身体を健康にする効果があるのだが、それと同時に自律神経が整うことで心も健康になるのである。

参考: https://www.thedailybeast.com/what-happened-when-i-replaced-coffee-with-30-seconds-of-exercise

4.自律心が身につく

毎朝早起きをしてジムに通うことが出来るようになるとことは強い自制心につながる。一つのことを毎日継続する力、ましてや早起きをし続けることはあなたを自律心が強いことの象徴だ。つまり、毎朝早起きをしてジムに通うということを続けようとすることがあなたの自律心のトレーニングになるのだ。

5.睡眠の質が向上する

朝にジムに通うことはあなたの睡眠をより質の高いものにしてくれると言われている。アメリカのある研究によると、対象者を週3日間、午前7時、午後1時、午後7時に運動をした結果、朝7時にトレーニングセッションをした人たちが最も深い睡眠をしたというのだ。夜に運動をすることで、人は興奮状態になり身体にとってはストレスであるため、アドレナリンを含むホルモンが分泌され自律神経は交感神経優位になる。交感神経優位な状態は睡眠にとっては逆効果であることは自明だろう。どうせ運動をするなら、朝にするほうが睡眠にとってもいいのだ。

朝ジムを続ける3つのコツ

1.朝だけのプランを契約する

ジムによっては朝の時間だけの契約が可能なジムもある。午前中にしか通うことが出来ない代わりに料金設定が抑えられているものだ。このプランで契約することで、あなたはジムに通わなくてよい理由を一つなくすことが出来る。
近くの家のジムの料金プランを確認してみて欲しい。

2.自分自身にご褒美をあげる

目標を設定して、自分自身にご褒美をあげるのも一つの続けるコツだ。「1週間のうち3日通うこと」を目標にしてみてもよいだろう。もし目標を達成したら何かあなたが喜ぶものを買ってもよい。「ご褒美がないと出来ないのか」という人がいるかも知れない。しかし、そのくらい自分を律するという力は身につけるのが難しいものなのだ。

3.友達と約束する

自分自身にプレッシャーを与えるためにも友人と約束をして一緒に通うのも継続のコツの一つだ。人はどうしても自分だけだと甘えてしまう。友人や同僚と約束をすることで、あなたは朝を起きられるようになるに違いない。パーソナルトレーニングを契約するのも一つの有効な手段になるだろう。

大切なことは継続すること

ここまで朝にジムに通うことがいかに素晴らしいかを伝えたが、メリット・デメリットでは決めてはいけない。勿論、朝であれば述べたようなメリットがあるし、デメリットをあげようと思えば「日中に眠くなる可能性がある」などいくつでも挙げられるだろう。

しかし、大切なのは、あなたのライフスタイルにあった方法で続けられる方法を選ぶことだ。
朝の時間では頻度高くジムに通えないというのであれば、無理して朝にいく必要はない。それよりも続けられる方が大切なのだ。

朝を制するものは一日を制する。

忙しいあなたにだからこそ、朝にジムを通うことをおすすめしたい。

参考:
「仕事のデキる人はやっている「朝活」のススメ」
https://www.saluce.jp/wp/articles/74
「「筋トレは朝がいい、30分でいい」総合格闘家がビジネスマンに伝えたいこと」
https://www.newsweekjapan.jp/stories/carrier/2018/12/30-21.php

RIZAP WOMAN
RIZAP WOMAN