プレッシャーに弱いビジネスパーソン必見!todoリストや瞑想でストレスに強くなる10の克服法

大事な会議の前、面接の前など強いストレスやプレッシャーと立ち向かわなければいけない場面は日常において決して少なくない。 日常的な習慣であなたがプレッシャーに強くなるための効果的な方法が見つかった。


日々忙しく働くビジネスマンは一度に多くのストレス要因を抱える場面がある。大成するためにはストレスと上手く付き合っていく必要があるという風に言うが、過去の偉人たちからいくつかの共通点があるそうだ。日常的にプレッシャーと付き合う方法について紹介したい。
タスクを整理することで、ストレスマネジメントが出来るようになると言われている。多くのストレスや漠然とした恐怖は目前のタスクが不明瞭なことが原因であることが多いため、まずあなたが取り組むべきタスクを優先度順に整理して集中できる環境をつくることが大切。日々パフォーマンスを発揮することが求められ続けるデキるビジネスマンはこのタスクの整理をするという作業を欠かさないのだ。
あなたのスマートフォンのタスク管理アプリやtodoistやtrelloなどを利用してみるのもおすすめだ。
https://todoist.com/

プレッシャーに強くなる10の方法

1.todoリストを使う

2.メンターに相談する

メンターに相談をするということはあなたがプレッシャに強くなるうえで重要なアクションだ。メンターはあなたが客観視出来るようになるのを助けてくれるだけでなく、客観的にあなたに対してアドバイスをしてくれる。プレッシャーと向き合うこと上で、プレッシャーの大きさを正しく認識する上で大切な行為なのだ。

3.ポジティブである

ストレスマネジメントをする上でポジティブであろうとすることは大切。ポジティブな視点を持つことが出来るようになると、目の前のあらゆる事象が好転していくとすら言われている。これには「セルフイメージ」が強く結びついている。あなたの思考は現実化するのだ。
参考: 「セルフイメージがあなたの未来を決める」
https://www.saluce.jp/wp/articles/107

4.体調を整える

体調はストレスやプレッシャー耐性を高める上で見過ごされがち。しかし、十分な睡眠をとって栄養価の高い食事をとり、適度な運動をすることはあなたがプレッシャーに強くなる上で最もと言っていいほど重要な要素になるのだ。健康に勝る財産は無いのだ。いかなる場面においても体調は最も大切だなのである。

5.周りに助けを求める

過去の偉人たちは周囲に助けを求めることがうまい。自分のキャパシティを正しく理解し、自分のコントロール範囲外のものに関しては周囲を上手く頼ることはプレッシャーやストレスをマネジメントをする上で非常に重要なのだ。周りに頼ることは決して悪いことではない、自分が制御不能なことを自分で抱え込むことに依るメリットは誰にとってもないのだ。

6.ネガティブな要素を書き出す

もしあなたがプレッシャーやストレスに押し潰されそうになったら、ネガティブな要素を書き出してみることをおすすめする。あなたがネガティブな要素だと思って恐れているものは書き出してみて可視化してみると案外大したことが無いことに気づくのだ。正しく認識することで対応策を考えられる。

7.呼吸を整える

呼吸とストレス値の関係性は科学的も証明されている。あなたがストレス下にいるとき、呼吸は浅くなっており、あなたがリラックス状態にあるときは呼吸は深い。呼吸をコントロールすることで、あなたのメンタルは調整可能なのだ。呼吸を意図的に変化させることで、あなたがストレスやプレッシャーを感じているをマネジメント出来るだろう。
参考: 「ストレス社会の必需品「ハーバード式呼吸法」とは」
https://www.saluce.jp/wp/articles/25

8.笑ってみる

笑顔はあなたの心を整える効果がある。ストレスやプレッシャーを感じる場面においておそらくあなたの表情は強張っていることが多いだろう。表情も感情と同じだ。ポジティブな、リラックスをした時にあなたが取るボディーランゲージはあなたの自身の心をマネジメントする上でも効果的なのだ。

9.定期的に振り返る時間を持つ

振り返りの時間を設けることはストレスやプレッシャーに強くなる上で大切だ。自身の変化量を正しく認識することで、あなたの漠然とした恐怖心は緩和される。大事な会議や面接の前、今までを振り返ってみよう。これだけやったのだから仕方ない。万が一失敗したとしても、このくらい変化が出来たのだからいいじゃないか。そうやって自己内対話を進められると、自然とあなたのストレスやプレッシャーは軽減していくのだ。

10.マインドフルネス瞑想をする

マインドフルネス瞑想はストレスをマネジメントする上で効果的だと言われている。自律神経を意図的にコントロールできるようになると、過度な緊張や興奮状態の交感神経優位からリラックスをした副交感神経優位にうつすことができるのだ。これは緊張をする場面の直前にするよりも日常的に実践することのほうがオススメだ。

参考: 「日本でも注目を集める 瞑想とは」
https://www.saluce.jp/wp/articles/2

いかがだろうか

過去の偉人たちや活躍しているデキルビジネスマンたちが実践する10のヒントをを実践すると、あなたがプレッシャーと向き合う上で役に立つのは間違いないだろう。
このストレス社会においてプレッシャーを感じずに生きていくことはほとんど不可能に近いだろう。あなたを日々襲うストレスやプレッシャーと上手く付き合っていくために、まずは実践してみることをおすすめしたい。

おすすめの書籍

本番に強くなる―メンタルコーチが教えるプレッシャー克服法/白石 豊

本番に強くなる―メンタルコーチが教えるプレッシャー克服法/白石 豊
//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1923562&p_id=56&pc_id=56&pl_id=637&url=https://books.rakuten.co.jp/rb/12377882/

世界最高のリーダー育成機関で幹部候補だけに教えられている仕事の基本 /田口力

世界最高のリーダー育成機関で幹部候補だけに教えられている仕事の基本 /田口力
//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1923562&p_id=56&pc_id=56&pl_id=637&url=https://books.rakuten.co.jp/rk/857951e49e783fa4ad2836bd8de612f4/



RIZAP WOMAN
RIZAP WOMAN