美味しくて効果抜群のチョコレート瞑想とは

チョコレート瞑想を知っているだろうか。チョコレートを用いてマインドフルな状態になるという瞑想方法だ。甘さでよだれが出てきそうなこの瞑想法を解説したい。


マインドフルネス瞑想がアメリカをはじめとして、日本でも流行し始めていることをご存知な人は多いだろう。瞑想の種類は年々増加していて今やチョコレート瞑想というのも生まれた。そのチョコレート瞑想とは一体何なのだろうか。

チョコレート瞑想とは

名前の通りチョコレートを使って効果的に瞑想を実践する方法である。マインドフルネス瞑想と得られる効果は変わらないが、チョコレートをフックに用いるためモチベーションの維持が簡単だということで主婦の間で流行の兆しがあるそうだ。

また、チョコレート瞑想は別名マインドフル・テイスティングとも呼ばれる。感覚が研ぎ澄まされている状態でチョコレートを味わうことでマインドフルな状態になれることからそう呼ばれる。

一度瞑想をしたことがある人であれば大体の要領は分かるだろう。
以下でチョコレート瞑想のやり方とコツについて紹介する。

チョコレート瞑想のやり方

1.一口サイズのチョコレートを準備する

チョコレート瞑想にはチョコレートが必要。まず一口サイズのチョコレートを準備してみよう。時間帯に依るが甘すぎないほうが良い。カカオの配分量が多いチョコレートのほうがチョコレート瞑想には適している。もし可能であれば、普段あまり口にすることのないちょっと贅沢なチョコレートにしてみることもオススメだ。

2.リラックスをして力を抜き静かに座る

マインドフルネス瞑想と同じ要領で深呼吸をして緊張をほぐす。瞑想を通しての最大の目標は意識を一つに傾けてマインドフルな状態になること。まずは力を抜いて瞑想に集中できるように身体を整えよう。

3.チョコレートを観察する

チョコレートを静かに手に取り観察してみよう。周りの音が聞こえなくなるくらいまで観察に集中出来ると最高だ。些細な凹凸も感じられるくらい、デッサンをするような気持ちで視覚でチョコレートを認識してほしい。

4.チョコレートの匂いを感じる

視覚の次は嗅覚、つまり匂いだ。
あなたの鼻を通してチョコレートが発する匂いが体内に入ってくる感覚を味わって欲しい。あなたが呼吸をするたびに、空気と同時に匂いが入ってくる。その匂いに意識をもっていくのだ。

5.口に入れて咀嚼し、味を感じる

さいごは舌で味を感じる。意識を舌に集中させ、チョコレートの甘味や苦味を感じるのだ。舌の上にあったチョコレートが少しずつ喉を通して体内に入ってくる感覚を味わうのだ。普段食べているチョコレートとの味の違いは何なのか、苦味と甘味はどちらが強いのか微細な変化に集中しよう。

6.チョコレートが口から溶けてなくなるのを感じる

さっきまで口の中に溢れていたチョコレートの味が少しずつしなくなってくるのを感じる。今リアルタイムにチョコレートが溶けていき、喉を通って体内に入っていく感覚。数秒前まで口の中にあった風味が少しずつ消えていく感覚を経て心が整っているのだ。ここから先は瞑想を続けてもよいし、目をゆっくりと開けて一日を始めても良い。

いかがだろうか

もしチョコレート好きであるならば、チョコが瞑想を続ける理由になりうるだろう。瞑想において最も大切なのは僅かな時間でもいいから毎日継続をすることだ。毎日の習慣に組み込むことで瞑想は効果を発揮するようになる。
ストレスと対峙することが必要不可欠なビジネスパーソンにとってチョコレート瞑想は幸せに生きていくための武器になりうるかもしれない。
まずはコンビニに行って一つチョコレートを買うことから始めてみてはどうだろうか。
食後のお菓子の時間でも仕事中の休憩時間でも構わない。あなたがチョコを食べるタイミングで始めてみればいいのだ。

参考:
「How to Enjoy a Chocolate Meditation」|verywellmind
https://www.verywellmind.com/practice-chocolate-meditation-3144784

「マインドフルネスは日本人を救うか。」|saluce
https://www.saluce.jp/wp/articles/19

RIZAP WOMAN
RIZAP WOMAN