ビジネスマン必見。歩行瞑想のやり方とオススメする5つの理由

毎日働く人には不安やストレスはつきもの。ストレスマネジメントの方法をどうしようか迷う人も多いだろう。出来るビジネスマンは無意識的にやっている歩行瞑想というものがある。別名はマインドフルネス・ウォーキング。ストレスと戦う社会人におすすめな歩行瞑想とは何なのか。


「歩くこと」に意識を傾ける歩行瞑想

定期的に瞑想を行うことは心身ともに良いことだ。自律神経を整える効果があるため、睡眠の質を高めることやストレスの軽減、集中力の向上に繋がることで知られている。
しかし、瞑想を従来の目を閉じて座って実践する瞑想を実践するためにはある程度のスペースとを時間を要した。この手間が瞑想を続けることを拒んだ理由に当てはまる人も少なくない。
マインドフルネス・ウォーキングと呼ばれる歩行瞑想は目を閉じて座って行う瞑想とは異なる。意識的に歩行を行うことでマインドフルネスな状態になることを目的とする瞑想だ。

言葉にしてしまうとそれまでなのだが、「歩くこと」という行為に全意識を傾ける。それが、歩行瞑想。

マインドフルネスウォーキングをオススメする5つの理由

忙しいビジネスマンに歩行瞑想を実践することをオススメする理由は以下の5つだ。

1.時間や場所に関係なく気軽に始められる

従来の目を閉じて座って実践する瞑想が苦手な人には歩行瞑想をオススメする1番の理由はこれだ。時間や場所に囚われることなく気軽に実践することが可能だ。座禅を組んで瞑想をしようとすると足が痺れてしまう、アプリを使おうともイヤホンやヘッドホンが必要で手元にないという今まで瞑想の継続を断念してきた全ての人はこの点に魅了される。

2.仕事や家庭に囚われない環境に身をおける

多くのビジネスマンにとっての不安やストレスの種は職場や家庭にある。ストレスに近い環境での瞑想は難易度が高い。マインドフルネスウォーキングは歩行しながらになるため、屋外や自分のデスクから離れたところで実践をするもの。いざ見知らぬ場所で座って目を閉じて実践するのは難易度が高いが、歩きながらであれば自ら仕事や家庭に囚われない環境に身を置くことが出来る。

自分の身体に意識を傾けられる

普段生活している時、私達の意識は私達自身の身体自身にはなかなか向いていない。自分の身体ではあるけれど、意識したことがある人は少ないだろう。歩行瞑想は「歩くこと」に意識を傾けるため、身体と外の世界の触れる感覚や音の一つ一つを意識することになる。重力空間の中で自分の身体が動いていく感覚をリアルタイムで把握する感覚は歩行瞑想をやみつきにさせるのだ。

集中力を強化する効果がある

座って目を閉じながら行う瞑想は落ち着いた静かな環境で行われる。一方、マインドフルネスウォーキングは注意散漫になってもおかしくないような環境で実践するもの。電車の音や鳥のさえずり、周りの人の話し声が聞こえてくるような環境だ。このような環境下で歩行瞑想を実践することで、意識のコントロールが上手になり、あなたがより集中できるようになるのを手伝ってくれる。もしかしたら騒がしい環境の中で、あなたはあなたの身体が地面と触れ、離れる感覚に集中することを求められる。

適度な運動の習慣にも繋がる

忙しいビジネスマンにとってウォーキングと瞑想の時間を両方確保することは難しい。
この瞑想法はウォーキングと瞑想の両立を可能にする。この歩きながらの瞑想は、適度な運動の習慣を継続させることにも貢献する。

歩行瞑想のやり方はシンプルだ。

まずは、以下のやり方を読んでみてほしい。
0.歩くことが出来る環境を確保する。
 できれば静かな広い環境のほうが好ましいが、歩くことが出来る環境であればよい。

1.身体は脱力した状態で自然なペースで歩く。
足の裏が地面に着地する感覚、足の筋肉が動いて地面から離れる感覚に意識を傾ける。

2.1分間、周囲の音に意識を傾ける。
オフィスの中、川沿い、都市の喧騒の中、どこであっても周りの環境で発している一つ一つの音に意識を傾ける。音は音以外のナニモノでもない。音として認識するように注意を持っていく。
3.1分間、匂いに意識を傾ける。
普段意識をしない匂いに対して意識を傾ける。それまで無かったはずの匂いが認識できるようになる。

4.1分間、視界に意識を傾ける。
目の前の色や物質、それぞれに意識を傾ける。自然の中にある一つ一つの物質を認識する。

5.再び、身体の動き一つ一つに意識を傾ける。
足の裏が地面に着地する感覚、足の筋肉が動いて地面から離れる感覚に意識を傾ける。

https://www.mindful.org/daily-mindful-walking-practice/
初めはゆっくりで良い。
自分の意識が移っていくことをリアルタイムに認識しながら、歩行をすることが重要だ。

瞑想の本質は一つ

一見、難しく聞こえるかもしれないが歩行瞑想は瞑想の一種だ。
あなたの意識を自身の身体→周囲の音→周囲の匂い→周囲の色に移していくのだ。
注意力や意識のコントロールすることが瞑想の本質であり、瞑想の難しいポイントだ。

勿論、歩行瞑想意外にもあなたをマインドフルエンスな状態にする手段はあるだろう。しかし、実践を継続するのは簡単ではない。まずは朝の通勤時もしくは帰宅するまでの駅からの5分間で良い。気軽に始められるだけなく、効果も高いことは証明されている。
ストレス社会に生きるビジネスマンににはマインドフルネスウォーキングを試してみて欲しい。

参考:https://chopra.com/articles/9-reasons-to-try-mindful-walking

RIZAP WOMAN
RIZAP WOMAN