カフェインが睡眠に与える影響とは

寝る前にカフェインを摂ると眠れなくなるという話を聞いたことがあるのだろうか。長く語り継がれてきたことだ。そのおかげで寝る前にコーヒーを飲むことに自然と抵抗を覚えてしまう人もいるだろう。カフェインが睡眠に与える影響について。


カフェインとは

カフェインとは何かを説明できる人はいるだろうか、厳密には塩基性化合物の総称であるアルカロイドの一種で興奮作用を持つ日本で最も広く使われているという精神刺激薬のことを指す。しかし、そこまで難しく考える必要はなく、覚醒作用や利尿作用を持つ食品成分であるくらいの理解で十分だ。 名前の由来がコーヒーから来ていることでも知られており、由来なだけありコーヒーに多く含まれている。身近なものには以下のようなものがある。
カフェインが多く含まれる飲み物(100mlあたり) ・コーヒー 60mg ・紅茶 30mg ・ほうじ茶 20mg ・ペプシ 10mg ・レッドブル 32mg ・モンスターエナジー 40mg ・リポビタンD 100mg

カフェインのメリット

1.覚醒効果/眠気覚まし効果

覚醒効果/眠気覚まし効果はみなさんがコーヒーやエナジードリンクを愛する理由の一つはここにあるだろう。カフェインに覚醒効果があり、眠気を覚ます効果がある。昔から、座禅の前にお茶をたてて飲む習慣もカフェインのこの効果から来ているのだ。科学的にはノルアドレナリンという興奮状態にする神経伝達物質の生成を促すという働きを持っている。

2.利尿作用効果

仕事中にコーヒーを飲んでいるとトイレが近くなったという経験がある人は少なくないだろう。それは科学的に証明されている。カフェインは交感神経を刺激するため、腎臓の欠陥が拡張し結果として尿の生成量が増えるというものだ。昭和学院短期大学の國香清氏によると、この作用は緊張した時にトイレが近くなる現象とメカニズムは同じで交感神経優位になることは利尿作用があるということに繋がるのである。

3.脂肪分解効果

カフェインにはリパーゼという消化酵素を活発にする効果がある。運動と組み合わせることで、ダイエット効果を増させる効果があるということが出来るという点もカフェインは注目を集めていた。 上記の3つがカフェインの効果として大きく挙げられるだろう。

カフェインのデメリット

今やコンビニでも手軽に手に入れられるコーヒーだが、飲むだけでこれだけのメリットがあるようだ。しかし、物事には裏表がある。これらは同時にデメリットにもなりうるのだ。 1つは依存性があるということ。カフェインは過剰摂取しているとカフェイン依存症と呼ばれる精神疾患になる可能性がある。成分としての依存性はあまり高いとは言えないが、身近な食品のため依存症になる可能性は低くない。 毎日のように過剰に摂取することで、身体がカフェインに反応しづらくなり結果として吐き気や嘔吐などの症状に繋がったり重症化するうと痙攣を起こしたりなど重篤な状態に陥る可能性もあるのだ。 もう1つは睡眠への影響だ。

カフェインが睡眠に与える影響

カフェインがデメリットに働く理由して多くの人が意識するのは睡眠への影響であろう。夕食後にコーヒーを飲んでしまったことで、夜眠れなくなってしまったという人もいるのではないだろうか。 これらはメリットの1つ目に挙げた覚醒効果が原因だ。自律神経を刺激することで、目が冷めてしまうことで寝付きが悪くなってしまうことや眠りについたあとすぐに目が覚めてしまう事態を生んでしまう。寝る前にカフェインをとると覚醒効果によって興奮状態になり目が覚めてしまうのだ。 就寝前にカフェインを摂取することは睡眠の質を低下させると言っても過言ではない。

カフェインを上手く活用する方法

メリットデメリットを持つカフェインだが、上手に付き合うことで活用できる。メリットとデメリットを理解することで良い効果をもたらすことが出来るのだ。 就寝前にカフェインを取ることや過剰に摂取しすぎないことを避けるということが重要である。カフェインは上手く活用するとあなたの仕事の効率をぐっと上昇させる。

1.仕事の合間に摂取する

普段から何気なくやっているあなたのコーヒーブレイクは非常に理にかなっている。朝から忙しく働き、昼食を終えて眠気に襲われている時カフェインはあなたを救ってくれるはずだ。意図的にカフェインを取得するとことで、仕事により集中できるようになるだろう。

2.昼寝や仮眠前ににカフェインを摂取する

覚醒効果が発揮することで眠気を覚ませることができるので、昼寝や仮眠を取る時についつい寝てしまうという事態を防ぐ事ができるのだ。今までのようにうるさい目覚まし時計によって目を覚まし目をこすりながらウトウトして仕事をする状態から抜け出せるかもしれない。
いかがだろうか、カフェインは決して危険な飲み物ではない。特性を理解した上で摂取することで、あなたの仕事の生産性を挙げてくれる効果があるはずだ。 ただし、個人によってカフェイン耐性は異なるため自分の身体の相談しながら摂取してみてほしい。
RIZAP WOMAN
RIZAP WOMAN