寝る前にする筋トレのメリットとデメリット

ビジネスマンは平日が忙しいため、筋トレをする時間が寝る前しか取れないケースも少なくない。ただそこで気になるのが、寝る前の筋トレに効果があるのかという点だ。そこで今回は、寝る前に行う筋トレのメリットとデメリットを解説する。


寝る前に行う筋トレのメリット

寝る前に行う筋トレの最大のメリットは、筋肉を成長させるホルモンが分泌される点だ。人は睡眠中に成長ホルモンと呼ばれるホルモンが分泌されており、一般的には子供が背を伸ばすなどの成長に必要な作用が期待できる。ただ子供にしか分泌されないわけではなく成人でも分泌されており、成人の場合は筋肉や骨、皮膚などを強化するなど良質な体を維持する作用が期待できるのだ。さらに脂肪を分解してくれる作用もあるため、成長ホルモンの分泌を促してやることは筋トレ効果を高めるだけではなく、メタボなどの不健康な体を予防することが可能となる。

成長ホルモンが分泌される

筋肉組織の再生と回復が出来る

また寝る前に筋トレを行うと、筋肉組織の再生と回復ができるというメリットも挙げられている。実は筋肉が鍛えられるためにはある一定のプロセスを必要としており、筋トレを行った後は一度筋肉は破壊されるという。その後、超回復と呼ばれるプロセスを経ることで以前よりも筋肉が強化されるのだ。また超回復する際には強化だけではなく筋肉の回復も行われるため、破壊された筋肉は強化された状態で元に戻る。このためただ筋トレをするだけでも筋肉を鍛えることはできるものの、寝る前に行うことで筋肉の超回復だけではなく成長ホルモンとの相乗効果でさらに筋肉を鍛えることが可能となるのだ。

睡眠の質が向上する

このように寝る前の筋トレは単純に成長ホルモンの効果を得ることができるだけではなく、筋肉を鍛えるためのプロセスとの相乗効果が期待できるところが大きなメリットになっている。ほかにも寝る前に軽い筋トレを行うことで、適度な疲労感を脳や体に与えることができる。ビジネスマンの中には、疲れていてもなかなか眠れないと悩んでいる人も少なくない。そのような人たちの中には、デスクワークで脳や目は疲れていても体は動かしていないため疲れていないという場合も多いと考えられている。このような場合は体に適度な疲労感を与えることで、ぐっすり眠れるようになる可能性があるのだ。そのため、良質な睡眠を得やすいという点もメリットとなっている。
これらの点から、寝る前の筋トレは筋肉を鍛える上で効果が期待できると考えられており、それ以外にもダイエット効果や熟睡効果もあるなど様々なメリットが挙げられている。寝る前の短時間しか筋トレをする時間が取れないというビジネスマンにとっては、嬉しいメリットや効果が多いと言えるのだ。

寝る前に行う筋トレのデメリット

寝つきが悪くなる可能性がある

このように寝る前の筋トレには様々なメリットがあるものの、やり方を間違えるとデメリットになってしまう場合もあるため注意が必要だ。例えば疲労感を与えることでぐっすり眠れるようになるというメリットがあるが、寝る前に筋トレを長時間やったりハードな内容の筋トレを行ってしまうと脳が活発になって興奮状態になってしまう可能性が考えられる。脳が興奮状態になってしまうと寝つきが悪くなってしまうだけではなく、心身がリラックスできなくなるため睡眠の質も悪くなりがちだ。その結果として寝不足になってしまうばかりか筋トレの効果が半減してしまうというデメリットがあるので、過度な筋トレを寝る前に行うことは避けることが望ましい。

空腹を招く可能性がある

そして寝る前に筋トレを実践した際、空腹やストレスを感じてしまうという人もいるようだ。空腹に関しては食事をして対応する人もいるのだが、実は寝る前に食事をしてしまうと脂肪を蓄えるたんぱく質の影響で太りやすくなってしまうというリスクがある。特に夜10時以降に筋トレをして食事をすると日中よりも脂肪が蓄えられやすくなってしまうため、筋トレをしても筋肉ではなく脂肪で太ってしまうというデメリットが起きてしまう。また普段筋トレや運動をしないビジネスマンの場合は軽い筋トレでもストレスを感じやすいのだが、ストレスを抱える状態が続いてしまうと筋トレが続かない。

筋トレは継続して実践することによって筋肉は鍛えられるので、ストレスで続けることができなくなる事態は大きなデメリットだと言える。さらにストレスを抱えたままだと心身がリラックスできなくなり、結果的に寝不足や筋トレの効果半減などのデメリットに繋がってしまうのだ。このように寝る前の筋トレで空腹やストレスを感じる場合は、軽い食事で対応するかストレスを感じない程度の筋トレから始めるなどの対策を検討する必要がある。

ほかにもあまりにも忙しいビジネスマンになると、寝る前であっても筋トレをする時間が取れなくなることも考えられる。筋トレはどんなに軽い内容を検討していても、実践しようとするとある程度の時間が必要になる。ただビジネスマンは業種次第では帰宅後に入浴や食事をしていると日付をまたいでしまうことも少なくなく、翌日の仕事が早い時間からだとどうしても筋トレのために時間を割くことが難しいのだ。結果として寝る前に筋トレをしようとしても時間が取れず、筋トレができなくなるデメリットも考えられる。

寝る前の筋トレはポイントを押さえて行うことが大切

このように寝る前に行う筋トレにはそれぞれメリットやデメリットがあるが、実はメリットとデメリットはいくつか関連性がある。メリットとなる部分もやり方を間違えてしまうとデメリットになってしまう可能性があり、逆にデメリットとなる部分はポイントを押さえて実践することでメリットに変えることも可能なのだ。例えば筋トレで脳が興奮状態になって眠れなくなってしまうというデメリットは、脳が興奮状態にならない程度の筋トレ内容に変更することで良質な睡眠に繋げることができる。そのためデメリット部分はポイントを押さえてカバーすることによって、筋トレ効果を高めるメリットとすることができるのだ。

またデメリットもポイントを押さえることで、問題となる部分を改善することが可能である。特に空腹とストレスに関しては過度な食事と筋トレの量や時間が問題となっているため、過度な食事をしないようにすることと筋トレの量や時間を見直すことでデメリットを予防できる。そうしてデメリットを改善することができれば筋トレの効果を半減させないだけではなく高めることも可能となるので、どのようにデメリットをカバーできるのかというポイントを理解することも必要だ。

特にビジネスマンが寝る前の筋トレで意識しておきたいのが、毎日ハードな筋トレをしなければいけないわけではないという点である。基本として筋トレは継続して実践することが効果を発揮したり維持するために必要だと言われているものの、毎日行わなければいけないということではない。実は筋トレ後の筋肉の成長には1日から2日程度の時間がかかるとされており、その間筋トレを休んでいても筋肉の超回復は行われている。このため筋トレをした翌日に筋肉痛がある場合や毎日寝る前の筋トレができない場合は、無理をせずにできる日に寝る前の筋トレを行うというのも大切なポイントなのだ。

RIZAP WOMAN
RIZAP WOMAN